モズクのフコイダン

フコダインモズクが最近特に注目されているのは、やはりフコイダンが豊富だということではないでしょうか。モズクのぬるぬるに多く含まれているフコイダンですが、モズクはとても食べやすく、味に癖もないので毎日食べても飽きません。他にもフコイダンは海草、昆布、ワカメなどのぬめり成分の中に含まれていますが、特にモズクには豊富に含有しているため人気が高いのです。血糖値を高めないことから糖尿病や高脂血症などにもおすすめ。そしてダイエットなどで食事制限中の人にも最適なのです。

最近の研究では肥満、糖尿病予防、抗がん作用、便秘予防、便秘解消、胃潰瘍予防、動脈硬化予防、低コレステロール作用、抗酸化作用、整腸作用などがあります。フコイダンは水溶性食物繊維であり、胃や腸内でぷるんぷるんとした形態で、いろいろな働きをしてくれます。

お腹の清掃にも高い効果があり、血液サラサラ効果などと並んで、現代人に必要な成分ではないでしょうか。最近は腸内研究によって、健康のすべてを腸内が司っていると言っても過言でないことも分かっています。そのためフコイダンの腸内環境改善効果は、健康全体にもつながると言えるのです。また健康と美容に欠かせない抗酸化パワーもしっかり含まれています。最近ではフコイダンのサプリメントなどの健康食品も注目されていますので、検討してみると良いでしょう。

推奨サイト<https://www.ventuno.jp/user_data/fucoidanseries.php
フコイダンサプリメントの通販サイトです。

 

モズクについて

モズクモズクはナガマツモ科に属している褐藻で、藻に付くことから「モズク」と言われるようになったとのこと。長さは30~40センチで沖縄恩納村漁業研究グループでは、モズクの養殖にも成功しています。このような努力もあり、モズクは100%国産とも言われているのです。

モズクには大きく分けて3週類あります。イトモズクは北陸以南の海岸でホンダワラ類の海草に付着しており、フトモズクはオキナワモズクの総称で沖縄の特産品で、太い繊維には空洞があり、イトモズクよりぬるぬる成分が多いとも言われています。またイシモズクは日本海沿岸に分布し、ぬめりの少ない歯ごたえの良い味わいです。

モズクに含まれている成分はぬるぬるにフコイダンやアルギン酸が豊富に含まれており、他にもカリウム、カロテノイドの一種であるフコキサンチンなどが含有。酢と一緒に食べることでモズクの繊維が分解されやすくなり、吸収率が高まると言われています。そのためモズク酢というメニューはとても理にかなっているのです。これらの栄養素によって、便秘解消、抜け毛対策、胃の健康、コレステロール減少、血液サラサラ、免疫力アップなどの効果が期待できるのです。特にフコイダンは水溶性食物繊維として、健康だけでなく美容、ダイエットにも最適な成分と言われ、注目の成分となっています。

モズクの魅力

モズク小鉢モズクが健康にも美容にも良いことは、昔から知られていましたが、最近はモズクに含まれている成分が現代人にぴったりだということから見直されています。モズクにはフコイダンが豊富に含まれており、薬に頼らない毎日のためにもおすすめなのです。モズクの独特のぬめりこそフコイダンによるものですが、フコイダンとは食物繊維の一種。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、フコイダンは水溶性食物繊維のかたまりです。水溶性食物繊維は粘着性と保水性があり、胃の中に入るとネバネバしながら水分を吸収してぷるんぷるんになります。このぷるんぷるんが血糖値を急激に高めることを抑え、血中コレステロールを減少させることができるのです。

その上、ぷるんぷるんしたまま腸内まで落ちていき、溜まってしまった便と腸壁の間をつるりと通り抜けます。そのときに便も同時に下に流してくれます。そのため頑固な便秘も解消させるパワーがあるのです。またネバネバぷるんぷるんしながら、脂肪分を吸着させて排出してしまうという働きもあり、ダイエットにも注目されています。またモズクはもともと強い味がないため、調理法も味付けもとても自由にできます。軽く三杯酢を掛けてもOK。ショウガ醤油を垂らしてもOK。みそ汁に入れても美味しく食べることができます。このようにどんな食べ方もできるので、飽きずに毎日食べることができるヘルシーフードなのです。モズクのぬるぬるにはフコイダンの他にアルギン酸が豊富なため、塩分と結合して排出。そのため血液中のコレステロールの減少やむくみ解消にも役立ちます。