モズクの魅力


モズク小鉢モズクが健康にも美容にも良いことは、昔から知られていましたが、最近はモズクに含まれている成分が現代人にぴったりだということから見直されています。モズクにはフコイダンが豊富に含まれており、薬に頼らない毎日のためにもおすすめなのです。モズクの独特のぬめりこそフコイダンによるものですが、フコイダンとは食物繊維の一種。食物繊維には水溶性食物繊維と不溶性食物繊維がありますが、フコイダンは水溶性食物繊維のかたまりです。水溶性食物繊維は粘着性と保水性があり、胃の中に入るとネバネバしながら水分を吸収してぷるんぷるんになります。このぷるんぷるんが血糖値を急激に高めることを抑え、血中コレステロールを減少させることができるのです。

その上、ぷるんぷるんしたまま腸内まで落ちていき、溜まってしまった便と腸壁の間をつるりと通り抜けます。そのときに便も同時に下に流してくれます。そのため頑固な便秘も解消させるパワーがあるのです。またネバネバぷるんぷるんしながら、脂肪分を吸着させて排出してしまうという働きもあり、ダイエットにも注目されています。またモズクはもともと強い味がないため、調理法も味付けもとても自由にできます。軽く三杯酢を掛けてもOK。ショウガ醤油を垂らしてもOK。みそ汁に入れても美味しく食べることができます。このようにどんな食べ方もできるので、飽きずに毎日食べることができるヘルシーフードなのです。モズクのぬるぬるにはフコイダンの他にアルギン酸が豊富なため、塩分と結合して排出。そのため血液中のコレステロールの減少やむくみ解消にも役立ちます。